新建築住宅設計競技 主催:一般財団法人吉岡文庫育英会 + 株式会社新建築社

新建築住宅設計競技は、吉岡文庫育英会と新建築社の主催で1965年に始まりました。これまで、丹下健三氏やジャン・ヌーヴェル氏、西沢立衛氏をはじめとする国内外の著名な建築家を審査委員として迎えて開催してきました。世界中から応募案が集まる歴史ある設計コンペです。

banner_JP

新建築住宅設計競技2024 特別版 島から食卓へ ─ パブリックダイニングのための小さな建築

世界の食料生産・流通・消費は、複雑に絡み合い、遠い国の社会情勢や気候変動によって私たちの食卓に並ぶ食材の価格や供給安定性にも大きな影響を及ぼすグローバルな側面があります。同時に、食は地域の気候や歴史に強く根差し、地域ごとに多様な食文化が広がるローカルな側面も持ちます。

日本の島嶼部もさまざまな食材の産地として、日本の食文化を支える役割を果たしてきました。そのひとつである瀬戸内海の小豆島を対象として、生産と消費を近づけ、地産地消で食を楽しむ「Farm to Table(農場から食卓へ)」という概念を拡張し、小豆島ならではの「Island to Table(島から食卓へ)」の風景をつくることは可能でしょうか。

小豆島は、温暖な気候に適したオリーブやみかんの畑といった地域資源が豊富な地域で、地形や地理的な文脈から発展した醤油やごま油をはじめとする食料生産のための建築が島の風景をつくっています。
海上交通の要所であり、景勝地でもある小豆島には各地から人々が訪れますが、地域住民と来島者が交わる場において、食は重要な役割を果たしてきました。霊場をめぐるお遍路さんに「お接待」として食事をふるまったり、近年の瀬戸内国際芸術祭を経てアーティストと地域住民が集う食堂や屋台が生まれるなど、食を介して異なる出自の人々が親交を深めてきたのです。
しかし、人口減少により食産業もまた担い手不足に直面し、食を楽しむ場は縮減を余儀なくされています。島に広がる食文化や生産風景を引き継ぎながら、それらを楽しむための新たなパブリックダイニングを移動可能で最小限の建築から考えること、それが今回のテーマです。

このコンペティションでは、現在新しく港施設の建設が進んでいる小豆島の南東部に位置する坂手港エリアを対象にした、パブリックダイニングのための小さな建築のアイデアを募集します。実際に運営・出店することを想定し、5つの計画条件のもと、3台のフードトラックを中心としたコミュニティの場としてのパブリックダイニングを提案してください。

食というテーマのもと、ローカルな視座から生まれる新しい建築の提案を期待しています。

賞金

  • 入選賞金数点100万円

※入選点数および賞金の配分は審査員の決定に従います。

スケジュール

  • 2024年6月1日 (土)登録開始
  • 2024年8月31日 (土)応募登録終了
  • 2025年2月1日 (土)入選発表

応募要項

  • 計画要件

    条件1:
    フードトラックの形式は問いませんが、島内の交通事情及び仕入れや他のエリアで営業を行うことを想定し、普通免許で運転可能な車で移動することを前提に考えてください。

    条件2:
    実際に飲食の提供を行うために、保健所による営業許可の取得が可能な調理器具・シンク・冷蔵設備・水タンクなどを搭載し、埃や虫などの侵入を防止できるよう配慮してください。提供する食品は生物は扱えず、提供直前の加熱処理が前提となります。

    条件3:
    フードトラックは3台つくるものとし、坂手港の拠点で集まってできる風景を想定してください。ただし、島内各地へそれぞれ営業に行くこともあります。

    条件4:
    島の生産・収穫・提供する食材や調理法・メニューといった提供するコンテンツについても、建築と併せて提案してください。島の暮らしをより豊かにし、同時に世界から島への注目を増やす、空間とコンテンツの一体的な提案を期待します。

    条件5:
    自由で新しい提案を求めますが、同時に制作・運営することを見込んだ実現性とのバランスを考慮してください。コンペの結果によらず、現在計画している小豆島でのプロジェクトへの参加をお願いする場合があります(法規や予算等諸条件に合わせて案を変更することがあります)。

  • 対象エリア

    小豆島坂手港エリア
    現在、観光拠点として再整備が行われ、新しい港施設が建設中の坂手港周辺を対象敷地とします。

    所在地:香川県小豆郡小豆島町坂手
    対象敷地周辺地図

  • 参加登録

    登録は、専用WEBページ上の登録フォームから行ってください。必要事項を入力すると、e-mailで登録番号が交付されます。この登録番号は応募にあたって必要となりますので、各人で保存してください。登録番号交付後、登録内容に変更が生じた場合は再度登録を行ってください。また、複数の作品を応募する場合は、その都度登録してください。
    ・交付後の、登録番号に関する問合せは受け付けません。
    ・応募登録は当WEBページ以外からはできません。
    ・携帯のメールアドレスでは登録番号通知メールを受け取れない場合があります。

  • 提出物

    応募作品:寸法420mm×594mm(JIS規格A2)2枚に、配置図、平面図、立面図、断面図、アクソノメトリックまたは投影図、パース、その他設計意図を説明するに必要と思われる図面や、模型写真、グラフなどの図版、設計主旨(日本語または英語で記すこと)などを各自選択して描いてください。外部リンクを埋め込むことも可能とします。
    なお、設計主旨は日本語600文字または英語250ワード以内でまとめ、12ポイント以上の大きさで応募作品内に記入してください。
    ・ファイル形式:PDF形式
    ・ファイルサイズ:合計10MB以下(2枚でひとつのファイルにまとめること)
    ・応募作品提出時に事前に受け取った登録番号を電子ファイルの名前として使用してください。(例:skc0000.pdf)

  • 応募方法

    登録完了メールで指定されたURLの応募フォームに従って、応募者の情報やファイルなどをアップロードしてください。(ファイル容量にご注意ください。規定外の作品は審査対象外となります。)

    注意:応募締切間際は回線の混雑が予想されます。お早めの応募をお願いします。
    なお回線混雑による提出遅れにつきましては、対応しかねますのであらかじめご了承ください。

  • 1次審査結果発表

    2024年10月上旬
    1次審査の結果は、通過者に通知するとともに、当WEBページで発表します。

  • 2次審査

    2024年11月頃
    小豆島での開催を予定しています。通過者によるプレゼンテーション、審査委員との質疑応答を経て、審査委員による公開審査会を行い各賞を決定します。
    開催に関する詳細は、通過者に通知します。

  • 入選発表

    月刊『新建築』2025年2月号(2025年2月1日発売)、および月刊『a+u』2025年2月号(2025年1月27日発売)、同誌デジタルデータ、当WEBページを予定しています。

  • その他

    ・応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、出版権は新建築社が保有します。
    ・応募作品は入選・選外に関わらず、当WEBページに掲載されることがあります。
    ・応募要項についての質問は一切受け付けません。要項に書かれている範囲内で応募者が 各自判断してください。
    ・応募作品は未発表のものに限ります。応募作品の一部あるいは全部が、他者の著作権を 侵害するものであってはいけません。また、雑誌や書籍、WEBページなど、著作物から 複写した画像を使用しないこと。著作権侵害の恐れがある場合は、主催者の判断により入選を取り消す場合があります。
    ・受賞作品につきましては、掲載時に新たに応募データを送っていただきます。
    ・応募に関する費用はすべて応募者が負担してください。
    ・2次審査が小豆島で行われる場合は、交通費として1組5万円(税込)まで支給いたします。
    ・応募作品は各自で内容を確認の上、お送りください。応募後の作品差し替えは不可とします。
    ・文字化け、リンク切れにご注意ください。リンクファイルは埋め込みとしてください。
    ・規約に反するものは受理できない場合があります。

審査員

  • takuyaseki_konakamura_0148_bw

    中村航

    1978年東京都生まれ/2002年日本大学理工学部建築学科卒業/2005年早稲田大学大学院修士課程修了/同大学博士課程・助手等を経て2010年~2016年東京大学大学院隈研吾研究室助教/2017年~2020年明治大学I-AUD教育補助講師/2011年博士号(建築学)取得・MOSAIC DESIGN 設立(2017年法人化)/主な著書に『POP URBANISM/屋台・マーケットがつくる都市』(2023年、学芸出版社)

  • Harada_U

    原田祐馬

    1979年大阪生まれ/UMA/design farm代表/どく社共同代表/大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「ともに考え、ともにつくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。

  • NEW_Yuri Nomura_photo by yu inohara

    野村友里

    料理人/eatrip主宰/長年おもてなし教室を開いていた母の影響で料理の道へ。ケータリングフードの演出や料理教室、雑誌での連載やラジオ出演などに留まらず、イベント企画など食の可能性を多岐にわたって表現している。生産者、野生、旬を尊重し、料理を通じて食の持つ力、豊かさを伝える活動をしている。最近はeatrip soilを運営。/著書に『とびきりおいしいおうちごはん』(2023年、小学館)

応募登録エントリーは2024年8月31日まで後3 months